日本株

【2020年】アフターコロナで投資しておきたいおすすめの日本株高配当銘柄10選

 こんにちは麒麟です。

日本株、米国株を中心に高配当銘柄にひたすら投資し続けています。ここでは、おすすめの高配当銘柄を独断と偏見で選んでみましたので参考にされてください。

おすすめの高配当銘柄

 日本株おすすめの10選とその理由です。基本的には減配リスクの低い業績の安定した銘柄を選定しています。

 銘柄選定のスタンスは以下の通り。

・配当利回り:4%以上(税引き前)

・株主への還元意識の高さ:株主への利益還元をHP等で公言している

・直近5年間の業績と増配傾向:業績良好で減配無し

株式への投資をメインとし、債券、不動産などへ分散投資するスタンス日本株は配当金を目的とした高配当&増配銘柄への投資を基本的なスタンスとしています。米国株はETFをメインに個別株を織り交ぜる形でポートフォリオを組んでいます。とにかく米国銘柄は株主還元の意識が日本とは比較にならない程高く、連続増配企業も数多くあります。...

このスタンスで10銘柄選定しました。一部例外はありますが、気にしないで下さいね。

なお順番に特に意味はありません。

日本たばこ産業(2914)

 JT(日本たばこ産業株式会社)は日本専売公社のたばこ事業を引き継いで1985年に設立されました。国内で時価総額19位の超大手企業です。

 主要株主の1/3を財務省が占めるという他の企業には無い大きな特徴があります。

・配当利回り:7.24%(11/13時点)

・配当性向:89.6%(2020年)

国内たばこ事業の独占が認められる特殊性の高さ

・世界人口増の傾向により、海外需要は今後も増加傾向

・株主優待はJTグループの加工食品(ご飯、レトルトなど)

 JTはたばこ事業法により、国内の葉たばこの全量買取契約が義務付けられている一方で、煙草製造の独占権が認められています。

JT(2914)は日本株屈指の高利回り銘柄。国内で唯一たばこ製造の独占権を持つ特殊企業  こんにちは麒麟です。 JT(日本たばこ産業)は、国内で唯一たばこ製造の独占権を持っている企業です。その特殊性の高さから日本株屈...

オリックス(8591)

 オリックス株式会社は大手総合リースです。リースの他にも不動産、クレジットなどを幅広く手掛けています。

・配当利回り:5.13%(11/13時点)

・配当性向:47%

・10年連続減配無し

・株主優待のカタログギフトが魅力的で、保有年数によりグレードアップ

 20年度は配当金を維持(76円/1株当たり)していますから、配当性向は当然の様に上がります。それでも配当性向も36.4%のため、配当余力も十分に残しています。

オリックス(8591)は連続増配は10期でストップも優良高配当&増配銘柄。株主優待も魅力20年度は配当金を維持(76円/1株当たり)していますから、配当性向は当然の様に上がります。それでも配当性向も36.4%のため、配当余力も十分に残しています。コロナショック後に業績が再び上昇すれば増配も見込めます。...

三菱商事(8058)

 三菱商事は7大総合商社の一角で、時価総額は伊藤忠商事に次いで第2位の大手商社です。資源、機械、食品、化学に強みがあります。

・配当利回り:5.38%(11/13時点)

・配当性向:98%

・2021年までの連続増配方針を宣言

・株主優待は無し

 三菱商事は、2018年に発表した「中期経営戦略2021」の中の4つの骨子の4番目の項目で掲げています。

 つまり2021年度までは増配し、2021年度は1株当たり200円とすることを公式に宣言しています。

三菱商事(8058)は株主還元意識の高い優良高配当株!コロナ禍で保有スタンスは?三菱商事は7大総合商社の中で、時価総額は伊藤忠商事に次いで第2位の大手商社です。資源、機械、食品、化学に強みがあります。直近5年間の業績は2016年を除いて好調ですが、本日の決算発表でEPS(1株当たりの利益)が135.47円、配当性向が98.9%とかなり高目で、コロナ禍の影響をもろに受けた状況となっています。...

三井住友フィナンシャルグループ(8316)

 株式会社三井住友フィナンシャルグループは三井住友銀行や三井住友ファイナンス&リースを傘下に置く持ち株会社です。その名の通り三井グループと住友グループの両方に属します。

 三菱商事と同様に累進増配方針を宣言する高配当銘柄です。

・配当利回り:6.18%(11/13時点)

・配当性向:65%

・累進増配を宣言

・株主優待は無し

三井住友FG(8316)は累進増配で減配リスクが低い優良高配当株  こんにちは麒麟です。  高配当銘柄にひたすら投資スタンスの麒麟ですが、今回は高配当&増配が見込まれる、三井住友フィナンシャルグ...

三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)

 三菱UFJフィナンシャルグループは、言わずと知れた国内最大の民間金融グループです。銀行、証券、信託、カード、リース等が事業内容となっており、北米やアジアへの海外進出も順調に進んでいます。

配当利回り:5.61(11/13時点)

配当性向は58%(2020年3月)

自己株式買いが積極的で株主還元意識が高い

・株価低く出来高が高いためキャピタルゲイン狙い銘柄としても適任

 資金があまりない時にキャピタル狙いでちょこちょこ売却益を得ています。

三菱UFJフィナンシャルG(8306)は高配当株ながら、株価次第でキャピタル狙いの売買のし易さが特徴  三菱UFJフィナンシャルグループは、言わずと知れた国内最大の民間金融グループです。銀行、証券、信託、カード、リース等が事業内容となっ...

KDDI(9433)

 KDDI株式会社は電気通信事業者で、日経平均株価とTOPIX Core30の構成銘柄の一つです。通信キャリア「au」ブランドがお馴染みで、NTTドコモ、ソフトバンクと国内3大キャリアの一角を担います。

 2020年度は増益、トヨタと業務提携、5Gと好材料が多く、菅ショックによる下落からも株価が回復しています。

・配当利回り:3.86%(11/13時点)

・配当性向:43

・2002年より18年連続増配中

・不況に強いディフェンシブ銘柄

・株主優待のカタログギフトが魅力的で、保有年数によりグレードアップ

 KDDIは株主優待も魅力的で、今後の増配も十分に見込めることから、持っていて損は無い銘柄です。

KDDI(9433)は高配当&増配が見込まれる優良ディフェンシブ銘柄!5Gや他事業開拓で収益性高いKDDIは利回りが3.65%と高配当で配当性向も40%前半と配当余力をまだまだ残しています。また通信業は参入障壁の高い分野で、通信料金という固定収入があることが大きな強みがあり、コロナショックでもびくともしない収益体制が魅力的です。...

日本電信電話(9432)

 大手3大キャリア「ドコモ」を運営している大手通信会社です。NTTドコモを公開買付けにより買収したことでも話題となりましたね。

・配当利回り:4.03%(11/13時点)

・配当性向:43

・不況に強いディフェンシブ銘柄

・株主優待はdポイント

日本電信電話(NTT)(9432)の株価・銘柄分析。DX、5G期待で今後の伸び代の十分の高配当通信大手  こんにちは麒麟です。 2020年9月にNTTドコモを完全子会社化し、来るDX(デジタルトランスフォーメーション)、5G戦線に向...

ソフトバンク(9434)

 ソフトバンク株式会社はソフトバンクグループの一角を担う電気通信事業者です。通信キャリア「Softbank」ブランドがお馴染みで、NTTドコモ、KDDIと国内3大キャリアの一角を担います。

・配当利回り:6.82%(11/13時点)

・配当性向:81.7%

・不況に強いディフェンシブ銘柄

・株主優待は無し

ソフトバンク(9434)は大手キャリア3社の中で最も高利回り!ソフトバンクは利回りが6.16%と高配当ですが、目を引くのは配当性向の高さ。ソフトバンクは配当性向が80%を超えており業績が順調に伸びなければ増配が期待できない状態です。...

サムティ(3244)

 サムティ株式会社は、不動産賃貸、投資家向け収益マンション及びホテルの開発・販売を手掛ける総合不動産会社です。サムティグループと呼ばれる独自のグループを形成しています。

・配当利回り:4.69%(11/13時点)

・高配当では珍しい2.8月配当

・配当性向は30%前後で配当余力も十分

REITを絡めたサムティ独自のビジネスモデルに強み

・株主優待はビジネスホテル、リゾートホテルの無料宿泊券

 

 ここ5年間の業績は右肩上がりで、配当性向も非常に低水準で今後の増配も大いに見込める銘柄です。

 このコロナ禍でも安定して業績を伸ばせている理由としては、REITを絡めたサムティ独自のビジネスモデルにあります。

サムティ(3244)の株価・銘柄分析。高利回りで株主優待も充実の総合不動産会社。配当月は2.8月  こんにちは麒麟です。 高配当&増配株にひたすら投資し続ける生活を送っています。突然ですが、ここ3か月で株価が右肩上がりの総合不...

積水ハウス(1928)

 積水ハウス株式会社は、戸建&賃貸住宅事業、マンション事業などを手掛ける総合ハウスメーカーです。

 配当利回りは4.58%(11/9時点)と上場企業の中では高利回りの部類に入り、配当性向は40%前後と極めて安定的で、配当余力も十分あります。

・配当利回り:4.37%(11/13時点)

・高配当銘柄では珍しい4.10月配当

・配当性向は40%前後で配当余力も十分

・株主優待は新米コシヒカリ(5kg) ※1000株以上保有

まとめ

 以上おすすめの高配当銘柄10選でした。まとめると以下の通りです。

 こうしてみて見ると日本たばこ産業(JT)の配当利回りの高さは頭一つ飛び出していますね。

 需要のまだまだあるたばこ事業とは言え、配当性向は96%ですので、業績が悪化すれば減配もあり得ます。

 いずれにせよコロナ禍で株価がここ数年比較で下がっていますので、余力があればアフターコロナで仕込んでおきたい銘柄ばかりです。

 ぜひ参考にされてください。

 ※あくまで個人的見解ですので、投資は自己責任でお願いします。

にほんブログ村
個人で稼ぐランキング