米国株

【ORCC】オウル・ロック・キャピタル・コーポレーションは配当利回り高いBDC。ARCCと何が違う?

 こんにちは麒麟です。

BDCはその特性上総じて高配当銘柄が多く、私もBDC代表格のエイリス・キャピタル(ARCC)をNISAで保有しています。

 このORCCはNYSEへの上場が2019年7月と比較的新しい銘柄で、株価や利回りも名前もARCCを意識した?様な銘柄です。

 ARCC大好きな私にとってこのORCCも投資候補の一つとなり得る銘柄です。ARCC、、大好きですけど1銘柄に一点張りするほどの勇気は持ち合わせておりません。

 BDCの雄ARCCについてはこちらを参照ください。

【ARCC】エイリス・キャピタルはリスク有るが配当利回りは10%超のBDC銘柄!コロナショック等の株価下落時に購入したいエイリス・キャピタル(ARCC)とは、BDC(Business Development Company)の最大手で、新興企業や中堅企業への出資が主な事業内容です。ハイリスクハイリターンであるが故に、コロナショックの様な下落時に仕込んでおきたい銘柄です。...

 (参考)S&P500よりもハイパフォーマンスのBDC「MAIN」についてはこちら

【MAIN】メイン・ストリート・キャピタルはS&P500よりもハイパフォーマンス。インカム&キャピタル両取り向きBDC  こんにちは麒麟です。 BDCはその特性上総じて高配当銘柄が多く、私もBDC銘柄はARCC、ORCCを保有しています。  ...

 先にお伝えしておくと、ORCCはARCCの利回りの高さは魅力的だが、ARCC一点張りは控えBDCで分散投資したい方におすすめです。

 ここではNYSEに2019年に新規上場したBDC銘柄のORCCについてご紹介します。

オウル・ロック・キャピタル・コーポレーション(ORCC)は資産運用会社

 オウル・ロック・キャピタル・コーポレーション(ORCC)は、2019年7月にNYSEに上場したBDC(Business Development Company)で、新興企業や中堅企業への出資が主な事業内容です。

 上記企業へ貸付ることにより得られる金利が主な収入源です。この点においてはARCCと同じですね。

 上場して日が浅く実績は正直未知数な銘柄です。

BDC銘柄が継続的に高利回りである理由

 BDCの特徴として、利益の90%以上を投資家へ配当として還元することで、法人所得税を免除される優遇措置を利用しているため、基本的に配当性向が90%以上ということになります。

 不動産投資の一種であるREITと似ています。

 非上場の新興&中堅企業に高利で貸付、その利子による収益の9割以上を配当に回すわけですから、利回りも必然的に高くなる仕組みです。


ORCCの特徴

 ここではORCCの特徴について、事業ポートフォリオ、配当金、株価の観点で分析します。

ORCCのポートフォリオ

 ORCCは比較的リスク抑え目のシニア債が8割程度占めています。この点ARCCと比較して相対的にやや安全目と言えるのでは無いでしょうか。

 と言っても「リスク抑え目って何よ?」と率直に思いますよね。私もあまり実感が無く、「ARCCに一旦張りしたいけど、リスク分散の観点で特徴が似ているORCCにも投資する」で良いのでは?と思っています。

ORCCの配当金

 ORCCは年4回配当(1,4,7,10月支払い月)です。上場以来1.24USドルを維持しています。

ORCCの株価

 過去2年間の株価の推移です。2019年は上場以来右肩上がりでしたが、コロナ禍の影響でガクっと8USドル台まで落ち込んでます。

 その後バイデン効果で2020年11月以降株価が急騰していますね。

※引用元:楽天証券


ARCC同様SBI証券では購入できない

 超高利回り銘柄のORCCですが、メジャーな証券会社では楽天証券、マネックス証券で購入が可能です。

 ARCCと異なりORCCはSBI証券で購入可能でしたが、10/28より「BDCであることが判明したため」SBI証券でも新規買付停止となりました。

 途中で分かることなんでしょうか??ちょっと疑問です。

まとめ

 以上によりORCCはハイリスクですが得られるリターンも大きいです。以下ORCCのメリット・デメリットをまとめました。

メリット

ARCC同様SBI証券では購入できない(できなくなった)

ARCCと株価、配当金額など特徴が似ている(名前も)

シニア債が8割程度を占めややリスクは抑えめ

デメリット

実績に乏しく金融危機への対応が未知数

BDCなので金融危機に非常に弱い

派手な株価暴落&減配を受けるリスクあり

 よって、ARCC同様一点張りはリスクが高すぎるため、ポートフォリオの数%程度に留め、しっかり分散投資することが重要です。

 ですが、ハイリスクであるがゆえハイリターンな魅惑の銘柄であることは間違いなく、ARCC同様にコロナショック時の今ポートフォリオに加えたい銘柄です。

 BDC4銘柄(ARCC、ORCC、MAIN、PSEC)を以下で比較してみました。

米国BDC4銘柄の利回りや特徴を比較。やっぱりARCCを買うべき?20代30代でリスク取れる人向け。  こんにちは麒麟です。 米国株の中でも特に利回りの高いBDC銘柄。一般的にはハイリスクハイリターンとされ、初心者向けでは無いと言...

 その他500社以上に投資するHTGCも参考にどうぞ。

【HTGC】ハーキュリーズ・キャピタルは配当利回り8%の高配当BDC。500を超える投資先の多さが特徴HTGCは520を超える企業の株式に投資し運用しています(2021年2月時点)。対象セクターも非常に幅広く農業、バイオ、ITなど分散がかなり効いています。...
にほんブログ村
個人で稼ぐランキング