米国株

米国BDC4銘柄の利回りや特徴を比較。やっぱりARCCを買うべき?20代30代でリスク取れる人向け。

 こんにちは麒麟です。

米国株の中でも特に利回りの高いBDC銘柄。一般的にはハイリスクハイリターンとされ、初心者向けでは無いと言われています。

 ですがインカム狙いの投資をする上で、同じ投資資金で少しでも多くのリターンを求めることは自然な考え方です。

 むしろ給与所得というある意味安定したキャッシュフローがある20代30代では、多少のリスクを負ってリターンを追求し、資産形成することは一つの投資スタンスでもありますね。

 これが50代60代だとローリスクローリターンで安定した資産運用をするべきだと思います。

 そんなリターンを追求する上で打ってつけの銘柄がBDC銘柄と考えます。正直このBDC銘柄は一言で言うと主に20代30代でリスクを取って配当利回りを重視したい方に向いています

 ここではBDC銘柄の特徴と、独断と偏見で選択した4銘柄を比較・分析してみました。

BDCとは新興中小企業へ投資しリターンを得る事業

 BDC(Business Development Company)とは、新興企業や中堅企業へ高金利で貸し付けリターンを得る企業です。

 上記企業へ貸付ることにより得られる金利が主な収入源です。

新興企業などのベンチャーはその信頼度の低さから、大手銀行から事業拡大のための資金を借り入れることが困難です。

 BDCはそんな原石達に資金を貸し付けることで利益を得ています。

 アマゾンの様にBDCから出資してもらい大きく成長した企業も多々ありますからね。

 BDCは有望銘柄に対して投資する事業とも言えますね。


BDCが継続的に高利回りである理由

 BDCの特徴として、利益の90%以上を投資家へ配当として還元することで、法人所得税を免除される優遇措置を利用しているため、基本的に配当性向が90%以上ということになります。

 不動産投資の一種であるREITと似た様な特徴を持っています。

 非上場の新興&中堅企業に高利で貸付け、その利子による収益の9割以上を配当に回すわけですから、利回りも必然的に高くなる仕組みです。


BDC4銘柄の特徴

BDCのメリット・デメリット

メリット

配当利回りが高い(10%前後)

デメリット

金融危機に非常に弱い

派手な株価暴落&減配を受けるリスクあり

 とにかく金融危機に弱く、リーマンショックや今年のコロナショックで大暴落しています。

 ジェットコースター好きにはたまらない銘柄ですが、安定的に資産運用したい方に取ってはおすすめできないですね。

 以下私が購入&保有しているBDC4銘柄(ARCC、ORCC、MAIN、PSEC)についてご紹介します。

エイリス・キャピタル(ARCC)

【ARCC】エイリス・キャピタルはリスク有るが配当利回りは10%超のBDC銘柄!コロナショック等の株価下落時に購入したいエイリス・キャピタル(ARCC)とは、BDC(Business Development Company)の最大手で、新興企業や中堅企業への出資が主な事業内容です。ハイリスクハイリターンであるが故に、コロナショックの様な下落時に仕込んでおきたい銘柄です。...

 時価総額1位のBDC最大手です。リーマンショックをも乗り越えた実績を持ちます。

オウル・ロック・キャピタル・コーポレーション(ORCC)

 時価総額はARCCに次いで第2位です。

【ORCC】オウル・ロック・キャピタル・コーポレーションは配当利回り高いBDC。ARCCと何が違う?ORCCは比較的リスク抑え目のシニア債が8割程度占めています。この点ARCCと比較して相対的にやや安全目と言えるのでは無いでしょうか。ORCCはARCCの利回りの高さは魅力的だが、ARCC一点張りは控えBDCで分散投資したい方におすすめです。...

メイン・ストリート・キャピタル(MAIN)

 毎月配当でキャピタル狙いの運用も可能です。

【MAIN】メイン・ストリート・キャピタルはS&P500よりもハイパフォーマンス。インカム&キャピタル両取り向きBDC  こんにちは麒麟です。 BDCはその特性上総じて高配当銘柄が多く、私もBDC銘柄はARCC、ORCCを保有しています。  ...

プロスペクト・キャピタル(PSEC)

 毎月配当で以上に高い配当利回りが特徴です。株価も5~6ドル(1株当たり)と気軽に買いやすい(買ってしまいやすい?)銘柄です。

【PSEC】プロスペクト・キャピタルは驚異の配当利回り10%超の毎月配当BDC。減配傾向のため注意必要BDCと言えば最大手のエイリス・キャピタル(ARCC)の配当利回りの高さが有名ですが、今回ご紹介するプロスペクト・キャピタル(PSEC)は更にその上を行く利回りの高さです。...

BDC4銘柄の比較

 BDC4銘柄を、配当利回り、配当実績で比較してみます。

ARCCORCCPSECMAIN
時価総額[百万ドル]7,0415,0472,1312,086
配当利回り[%]9.609.8312.997.817
配当[ドル/1株]1.61.240.722.46
権利実施月
(配当貰える月)
3.6.9.121.4.7.10毎月毎月
こんな人向きBDC中で
安定感重視
ARCC
一極集中回避
リスク取って
利回り重視
キャピタル、
インカム両取り

※配当利回り、配当は12/31時点 

 こうやって見ると、PSECの配当利回りはBDC銘柄の中でも頭一つ抜けており異常に高い水準ですね。

 実は私は上記4銘柄の内PSECだけ保有していません。PSECは2017年9月に0.06ドル(月当たり)に減配し以降今月まで配当を維持していますが、現状利益余剰金がマイナスの状況なので、配当は資産を取り崩して賄っている状況です。

 配当利回りの高さが売りのBDCですが、13%の利回りは高すぎて敬遠しています。

 現時点ARCCを100株、ORCC、MAINを30株づつ保有しており、基本的にはナンピン買いしています。

 正直な所リーマンショックをも乗り切ったARCCに一極集中したい所ですが、似た特徴を持つORCCとBDCの中でもキャピタルゲインも狙えるMAINの3本立てで分散投資を心掛けます。

まとめ

 高配当のBDCの中でもメジャーな4銘柄についてご紹介してきました。繰り返しになりますが、BDC銘柄は金融危機に滅法弱く、株価が大暴落します

 考え方次第では買いのチャンスと言えますが、やはり資産が大きく目減りしてしまうことは、精神衛生上良くないです。

 安定的に資産を運用したい方にはおすすめできませんが、20代30代でリスクを取ってでも利回りを追求したい、ポートフォリオの一部に留めリスクを取れる、という方には向いている銘柄と思います。

 高配当銘柄にひたすら投資し続ける生活は、資産の増加が実感が湧きにくいもの。

 長い投資生活のスパイスとしてBDC銘柄を持っておくのも良いのではないでしょうか。

 

にほんブログ村
個人で稼ぐランキング