運用実績

【2020年10月】ポートフォリオと配当実績。大好きARCC含め米国株中心に買い増し

 こんにちは麒麟です。

政府の通信料金値下げ要請を受けて、通信株はKDDIとソフトバンクが揃って10/28に新料金プランを発表。

 ただ、サブブランドの値下げに留まったことから、株価は微増に留まりぱっとしない値動きに留まっていますね。

2020年10月の配当実績をまとめます。

2020年10月配当実績

 10月は米国株は毎月配当のAGG、PFF、10月配当のARCC(9月配当だが支払いが10月)、MOより配当がありました。

 少ないですけど楽天証券の貸株金利も入金されています。

※為替レート:1ドル=105円で計算

 ARCCはNISA、特定両方で保有しており、その合計額です。合わせて税引き後の利回りは8.98%とかなりの高水準です。10/28に四半期決算がありましたが、配当維持の0.4USドル。このまま減配しないことを祈るばかりです。

 また、たばこ株のアルトリア・グループ(MO)からの10株分の配当を貰っています。

【ARCC】エイリス・キャピタルはリスク有るが配当利回りは10%超のBDC銘柄!コロナショック等の株価下落時に購入したいエイリス・キャピタル(ARCC)とは、BDC(Business Development Company)の最大手で、新興企業や中堅企業への出資が主な事業内容です。ハイリスクハイリターンであるが故に、コロナショックの様な下落時に仕込んでおきたい銘柄です。...
【MO】米国株のアルトリア・グループは51年連続増配中の高配当銘柄。コロナ禍でも増配。  こんにちは麒麟です。 マルボロやiQOSなどを主力製品とするアメリカのたばこ製造大手のアルトリア・グループ。連続増配年数は実に...

 まだまだ少ないですが、ひたすら投資して増やしていくのみ。

2020年10月ポートフォリオ

 10月時点でのポートフォリオです。10月は日本株は三菱UFJフィナンシャルグループを100株、米国株を少し買い増ししています。

日本株

 まずは日本株です。10月末時点で、麒麟が保有する日本株は以下の通りです。

・配当利回り(税引き後):4.67%(前月比±0%)

・年間配当金(税引き後):89,120円(前月比+2000円)

 政権交代の影響で暴落した通信株のKDDI、ソフトバンクがやや回復傾向ですが、まだまだ含み損を抱えている状態。KDDI、ソフトバンクはそれぞれ新料金プランを発表しましたが、サブブランドの値下げを行うのみ。。

 420円で100株買った三菱UFJフィナンシャルグループは、440円まで上がれば売る予定です。売却益2000円(地味。。)。

菅政権誕生により3大通信株は大幅下落。安定の通信株の政治的影響の大きさを痛感菅政権誕生により、通信株以外でも菅首相の政策やゆかりの地に関連する銘柄が株高傾向にあります。...
三菱UFJフィナンシャルG(8306)は高配当株ながら、株価次第でキャピタル狙いの売買のし易さが特徴  三菱UFJフィナンシャルグループは、言わずと知れた国内最大の民間金融グループです。銀行、証券、信託、カード、リース等が事業内容となっ...

米国株

 続いて米国株です。懲りずにエイリス・キャピタル(ARCC)を買い増し。その他PFF、MO、XOMを少しずつ新規購入&買い増ししています。

・配当利回り(税引き後):7.94%(前月比-0.03%)

・年間配当金(税引き後):37,729円(前月比+5,713円)(105.5円/ドル)

 エクソンモービル(XOM)を新規購入しましたが、原油安の影響で更に下がっている状況。MOは5株買い増し。

 毎月配当のPFF、高利回りのARCCを株価を見ながら少しずつ買い増ししていきます。

【PFF】iシェアーズ優先株式&インカム証券ETFは毎月配当の高配当銘柄。デフォルトで投資したい高配当ETFPFFは高配当ETFでかつ比較的安定的、毎月配当のPFFです。そのためPFFは長期保有を前提とした配当(分配)金狙いの投資に向いています。...
【ARCC】エイリス・キャピタルはリスク有るが配当利回りは10%超のBDC銘柄!コロナショック等の株価下落時に購入したいエイリス・キャピタル(ARCC)とは、BDC(Business Development Company)の最大手で、新興企業や中堅企業への出資が主な事業内容です。ハイリスクハイリターンであるが故に、コロナショックの様な下落時に仕込んでおきたい銘柄です。...

 今週はダウが暴落していて、含み損が膨らむばかりですが、高配当投資は株価を気にしないことが重要。あまりチャートは見ない様にしています。。

J-REIT

 最後にJ-REITです。10月は買い売りともに無し。9月度より少しずつ高利回りのJ-REITへの投資を始めました。コロナ禍による影響を見ながら、オフィス系、住宅系、物流系をメインに投資していきます。

【2020年度版】コロナショックで取るべきJ-REITへの投資スタンス。巣籠り需要でやっぱり物流系?  こんにちは麒麟です。 高配当銘柄へひたすら投資し続けて、インカムゲインによるキャッシュフローを太くしていきます。その中で、目標...

・配当利回り(税引き後):5.47%

・年間配当金:5,482円

 J-REITは法人税回避のため、配当性向は90%以上です。そのため、一般的に高利回りです。

 銘柄選定としては、東京圏中心のオフィス系に投資するインベスコ・オフィス・Jリート、総合型のスターアジア不動産投資、投資法人みらいを各1株ずつ購入しました。


まとめ

 10月は米国株をちょこちょこ買い増ししました。11月頭の米国大統領選の影響がどう出るか注目ですね。

 配当は一定額貯まり次第、再投資とする方針です。

にほんブログ村
個人で稼ぐランキング