ポイ活

楽天ウェブ検索で投資信託購入資金を稼ぐ。毎日3分で3~5楽天ポイントをGETし投信スポット買いに充当

 こんにちは麒麟です。

 楽天証券ではオルカンやS&P500などの投資信託を楽天ポイント(通常ポイント)で買い付けることが可能です。その楽天ポイントを手軽に貯める手段の一つが楽天ウェブ検索です。

 楽天証券で投資信託買付のための楽天ポイント(通常)獲得手段として、楽天ウェブ検索、楽天チェックはセットで習慣にしましょう。

【楽天チェック】ローソン、マツキヨユーザーは必須

楽天チェックで投資信託購入用の楽天ポイントを稼ぐ。ローソン、マツキヨユーザーは習慣にすべし楽天証券では投資信託を楽天ポイントで買うことが可能です。投資信託は長期運用が王道ですので、楽天チェックでこつこつ楽天ポイントを貯めて足しにしましょう。...

【楽天スーパーポイントスクリーン】広告をタップで毎日最低5ポイントGET

楽天スーパーポイントスクリーンで投資信託購入資金を稼ぐ。毎日最低5楽天ポイント(通常)を貯める楽天証券ユーザーであれば習慣にしてコツコツ投資信託購入資金(楽天ポイント)を貯めましょう。...

 楽天ウェブ検索ではGoogleやYAHOOで検索するのと同じ感覚で、キーワードを検索するだけで楽天ポイントを毎日コツコツ貯めることが出来ます。

 更に期間限定ポイントですが、キャンペーンにエントリーし特定の条件を満たせえば楽天市場での買い物で貯まるポイントも2倍になります。

 ここでは、楽天ウェブ検索についてご紹介します。

楽天ウェブ検索について

 楽天WEB(ウェブ)検索とは、楽天グループが運営する検索エンジンサービスです。検索エンジンと言えばgoogleやyahooなどがメジャーなので、楽天ウェブ検索?と思う方もいると思います。

 ですが、楽天ユーザーにとっては普段の検索エンジンを楽天ウェブ検索に変えるだけで、楽天ポイントを1日5分程度で3~5ポイントを無理なく貯めることが可能です。

 このポイントは楽天証券で投資信託の購入資金に充てることが可能です。

楽天ウェブ検索のメリット

 楽天ウェブ検索には2つのメリットがあります。

楽天ポイント(通常ポイント)が毎日100万ポイント山分けされる

 一つ目のメリットは、検索回数に応じて楽天ポイント(通常ポイント)が付与されることです。期間限定では無く通常ポイントである点が特徴で、このポイントで投資信託の購入資金に充てることができます。

 麒麟はeMAXISSlim全世界をスポット買いしていますが、この際楽天ポイントを使えるだけ使って購入します。

 楽天ウェブ検索の検索窓で1語検索すれば「1口」として口数がカウントされ、1日最大30口まで獲得できます。

※引用元:楽天ウェブ検索HP

 ポイント山分けとは、楽天ウェブ検索で検索し口数を獲得したユーザーで分割してポイントを獲得できる仕組みです。

 実際に使ってみると、1日当たり30口で3~5ポイントが相場です。30件検索は慣れれば3分程度あれば可能ですので、毎日寝る前とかに3分程度時間を取って30回検索してます。

楽天市場で楽天ポイントが2倍還元だが期間限定であることに注意

 2つ目のメリットは、楽天ウェブ検索で月に5検索×5日達成した上で楽天市場で買い物すると、+1倍楽天ポイントが還元されます(その月限り)

※引用元:楽天ウェブ検索HP

 楽天グループのポイントアッププログラムのSPUに似ていますね。楽天せどりをされる方は知っておきたいことですね。

 毎月エントリーと、エントリー時に楽天のメルマガの登録が必要である点に注意。

 なお、こちらは期間限定ポイントのため投資信託の買付けに充当することが出来ないことにも注意が必要です。


楽天ウェブ検索の検索時の注意点

 ここでは検索時の注意点についてご紹介します。

・1文字だけの検索

・長文

・無意味な文字、または文字列

・同じ日の同一ワード

・利用規約上不適切なワード

・検索結果が無い

 慣れればただのルーティンですので、ぜひ習慣にしましょう。


まとめ

 楽天ウェブ検索を毎日利用することで、楽天ポイント(通常)を3~5ポイント獲得できます。

 正直それだけ?と思われる額ですが、1日平均4ポイントとすると、1年で1460ポイント貯まる計算です。

↓PCでの登録の方はこちら↓

 投資信託の買付は基本的には長期投資の前提ですので、継続することで正直無視できない額になります。

 麒麟の投資スタンスとしては、米国ETFのVOOと米国S&P500に連動する投資信託をコアとして長期運用する方針です。

 参考までにどうぞ。

【VOO】バンガード・S&P500 ETF

【VOO】バンガード・S&P500・ETFの株価&銘柄分析。最強インデックスS&P500の成長に連動するETFVOOは500を超える米国の大企業に投資&運用しており、右肩上がりで成長しているS&P500指数に連動するETFのため、長期保有に非常に向いているETFと言えます。...

米国S&P500インデックス投資

サラリーマン兼業ならインデックス投資が最強?個別株メインからETF&投資信託メインのコア・サテライト運用にシフトサラリーマンをしながら、個別株(主に米国)メインのポートフォリオ運用に限界を感じたため、インデックスメインで運用し着実に資産を増やしていく方針に変更しました。...

 塵つもの精神でこつこつ貯めて投資信託に回しましょう。

にほんブログ村
個人で稼ぐランキング