日本株

住友商事(8053)は商社株の中でも高配当銘柄。コロナショック前から業績は下降気味。

 こんにちは麒麟です。

7大商社の中でも高配当銘柄として知られる住友商事。

 そんな高配当株狙いの投資スタンスであれば保有候補に挙がる住友商事について、特徴をご紹介します。

住友商事は7大商社の中でも高利回り

 住友商事株式会社は7大商社の一角を担う総合商社です。事業としては、金属、機械、インフラ、メディア&デジタル、生活、資源と手広く展開しています。

 ちなみに7大商社とは、三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅、豊田通商、双日を指し、総じて商社株は高配当です。

伊藤忠商事(8001)は商社株の中では利回りは平均的だが、業績は抜群の安定感  こんにちは麒麟です。 7大商社の中でも安定した業績を誇る伊藤忠商事。配当利回りも悪く無い商社の雄である伊藤忠商事の特徴をご紹介...
三菱商事(8058)は株主還元意識の高い優良高配当株!コロナ禍で保有スタンスは?三菱商事は7大総合商社の中で、時価総額は伊藤忠商事に次いで第2位の大手商社です。資源、機械、食品、化学に強みがあります。直近5年間の業績は2016年を除いて好調ですが、本日の決算発表でEPS(1株当たりの利益)が135.47円、配当性向が98.9%とかなり高目で、コロナ禍の影響をもろに受けた状況となっています。...
双日(2768)が減配。配当金は業績連動型のためやむなしだが依然高配当  こんにちは麒麟です。 8/4の決算発表にて双日が減配(17円⇒10円)を発表しました。私も双日株を保有していましたが、減配した...

 商社株好きな私も住友商事に限らず保有しています。

 高利回り銘柄で私も保有していましたが、8/末のウォーレン・バフェットによる5大商社株の各5%買付の報道後株価が急騰したタイミングで利確しました。

【2020年8月】KDDIなど通信株が暴落し、三菱商事など商社株が急騰。  こんにちは麒麟です。  蒸し暑い日が続きますが、8月も特定の銘柄で株価の大きな変動がありました。高配当銘柄にひたすら投資&長期...

 住友商事は株価が1株当たり1300円前後と購入の金銭的ハードルがそこまで高くなく、高配当銘柄へ投資するなら間違いなく候補となる銘柄です。

住友商事の配当金と業績

 住友商事の配当金と業績、配当性向を見てみましょう。

住友商事の配当金は配当性向30%維持の方針

 住友商事の配当金は配当性向(利益に対する配当金の割合)を30%前後に維持する方針を発表しています。

 20年3月期は100周年記念配当の10円を加えた80円でしたが、コロナ禍による業績悪化を受け、記念配当を除いた70円で据え置きとなりました。

 配当金が業績連動型である高配当銘柄としては、あおぞら銀行(8304)が挙げられます。

あおぞら銀行(8304)は年4回配当&高利回りだが、配当金は業績連動タイプ  こんにちは麒麟です。  高配当&増配銘柄として押さえておくべき、あおぞら銀行についてご紹介します。 あおぞら銀行の配当金...

 コロナ禍の様な大きな減益をくらう場合は、配当性向維持の観点でまず間違いなく減配リスクがあると言えるでしょう。

業績と配当性向

 配当性向はここ6年できれいなバスタブ曲線を描いています。

 18、19年の業績が目立ち配当金も順調に上昇していましたが、20年度は利益は半分近くまで落ち込み、コロナショックにより21年3月期の営業利益予想は1100億円です。

 それに伴い当初配当性向30%維持の方針に対して、67.2%まで上昇しています。

 更なる業績悪化となると減配のリスクがあるため、業績は要チェックです。


まとめ

 住友商事は7大商社の一角で、比較的安価に100株買えるため個人投資家に非常に人気のある銘柄です。

 以下住友商事についてまとめます。

・配当利回り:5.1%(9/8時点)

・配当性向:30%維持

・配当金は業績連動型のため、業績チェックが重要

・株価が1300円前後(9/8時点)と比較的手が届き易い

・株主優待は無し

 住友商事は7大商社の中でも高配当の部類に入り、銀行株、商社株、通信株好きの私も保有していました。

 ですがこれ以上業績が下がれば減配リスクもあるだけに、高配当狙いの長期保有の場合は、ポートフォリオでの保有率に注意が必要です。

にほんブログ村
個人で稼ぐランキング