配当金・分配金

【2020年10月】アルトリア・グループ(MO)より配当金(税引き後6.2ドル)が入金。0.02ドル増配。

 こんにちは麒麟です。

米国株のアルトリア・グループ(MO)より2020年10月分の配当金がSBI証券口座に入金されました。10株保有なので税引き後6.2USドルです。

 日本でもおなじみのマルボロやiQOSなどを主力製品とするアメリカのたばこ製造大手です。連続増配年数は実に51年で、2020年10月分も0.02ドル増配しています。

【MO】アルトリア・グループとは?

 アルトリア・グループとは、アメリカに本社を置くたばこ・ワインの製造&販売を手掛けるメーカーです。

 たばこ事業での収益が全体の95%以上を占めます。

 喫煙たばこのみならず、電子たばこ事業でも主力製品であるiQOSの販売が好調で、電子たばこへのシフトもうまくいっており、他社を凌駕しています。

 アルトリア・グループについては、こちらの記事でまとめています。

【MO】米国株のアルトリア・グループは51年連続増配中の高配当銘柄。コロナ禍でも増配。  こんにちは麒麟です。 マルボロやiQOSなどを主力製品とするアメリカのたばこ製造大手のアルトリア・グループ。連続増配年数は実に...

 たばこ事業自体、世界的な禁煙ブームで斜陽産業の様に思えますが、参入障壁が非常に高く、アメリカではアルトリア・グループとブリティッシュ・アメリカン・タバコの2強、日本ではJTのみと、独占性の高い産業です。

 いずれも高配当銘柄ばかりで、JTも日本有数の高配当銘柄として知られています。

 JTの配当実績についてはこちら。

【2020年9月】JTより配当金(税引き後6,136円)が入金。日本株屈指の高配当銘柄JT(日本たばこ産業)より、中間期の配当金が入金されました。100株保有なので税引き6,136円です。...

まとめ

 アルトリア・グループは、たばこという無くなりそうで無くならない事業をメインとしている以上、しばらくは安泰と言えるのでは無いでしょうか。

 以下ポイントをまとめました。

・51年連続増配中

・配当利回り:8.7%(10/6時点)

・配当性向:85%程度で今後の電子たばこ、非たばこ事業拡大が鍵

・たばこという依存性の高い製品が主力

 アメリカでも健康ニーズの高まりから禁煙が進んでいますが、アメリカは先進国でありながら人口も増加傾向にあり、たばこという特有の依存性を考えると、すぐには衰退しない産業と考えております。

 今後も割安になったタイミングで買い増ししていく方針です。

 米国株が投資に向いている理由は、こちらをご覧ください。

米国株に投資するべき理由。日本と比べて株主還元の意識が高いアメリカの企業は「会社は株主のためにある」が基本的な考え方です。この考え方は配当を得る権利を株主が獲得してから配当金が支払われるまでの期間が短いことにも表れていると言えます。...

 私の投資スタンスについてはこちら。

株式への投資をメインとし、債券、不動産などへ分散投資するスタンス日本株は配当金を目的とした高配当&増配銘柄への投資を基本的なスタンスとしています。米国株はETFをメインに個別株を織り交ぜる形でポートフォリオを組んでいます。とにかく米国銘柄は株主還元の意識が日本とは比較にならない程高く、連続増配企業も数多くあります。...
にほんブログ村
個人で稼ぐランキング